家庭で脱毛チャレンジ

2019年版 最新脱毛器 ケノンって効果ない?失敗しない? | 実際に管理人が使ってみました

更新日:

ケノンって口コミとかの評判はいいのだけど、それでも高いので失敗したくないですよね?
管理人もそうでした…('ω')ノ

現在は新型になってます
新型へのリンク↓
脱毛と美顔が両方できる!
読モ絶賛☆「ケノン」



→管理人が使ってみた、ケノンのメリット・デメリットな口コミをすぐ見る

自宅で簡単にサロンのようなムダ毛処理ができるということで人気NO.1の家庭用脱毛器のケノン。
もはや家庭用脱毛器の代名詞ともいえる存在です。

そんなケノン、みんな使ってるし興味があるけれど効果がなかったら嫌だなぁなんて購入をためらっていたりするのではないでしょうか。
ちょっと調べてみると絶賛する口コミばかりで逆に怪しい、なんて思ったりしますよね。(口コミって難しい…)

なので! 管理人が実際に買って使ってみた評価・口コミを本音で書いておきます(笑)
決して安い買い物ではありませんから、少しでも皆さんの不安要素は減らせられば幸いです♪

今回はケノンとはどんなものなのか他の脱毛器との比較をしながら説明していきます

色んなサイトにある良い口コミ・悪い口コミの両方をチェック+管理人の使用感をレビューしていくので、きっと他のサイトより購入検討の参考になると思います。

家庭用脱毛器ケノンとは?

まずはケノン脱毛器の基本機能を見ていきましょう。(重要な部分だけ抜粋)

脱毛方式:フラッシュ式の家庭用脱毛器
熱量調整:10段階
照射サイズ:ラージ:20mm×35mm  スリム15mm×30mm
連射機能 :6連ショット
照射コスト:0.2円
生産国  :日本

これをみて、他の脱毛器と比較した上で個人的に脱毛器を選ぶ時に重要と思ったのは、安定性とコスパです!

コスパは分かるけど安定性って??

と思った方もいるかと思いますが、これ重要で、このフラッシュ式ってかなり大きな電流が流れるのです。

簡単に言うとカメラのストロボの大きいやつですから(笑)

なので、メーカーさんで電気回路や組み立て、テストをきちんとしておかないと、すぐに壊れて使いたい時に使えないって事になったりするんですよ。

そんな製品なので日本で作ってるのが品質面で非常に安心できます。

脱毛ってスケジュール組み立てて実施(毎日はしない)するので、途中で故障なんてことになったら本番に(なんの本番?)間に合わないって事もありえますからね…

もちろんケノンも故障はする時はするのですが、他に比べれば電源等かなりしっかり作られているので、壊れにくいと実感してます。

これは、ケノン以外の脱毛器の口コミを見ればよくわかると思います、特に充電式のものは電池まわりの故障が多くなる傾向がある様ですね。
時間ある方はxxx故障とかでググってみて下さい。

安定性もまだまだかけますがマニアックになりそうなので、そろそろコスパについて書きます。

ケノンのコスパの重要ポイントは3つ

注目ポイントはコストの「0.2円」だけではありません。
以下2つも注目してください!

①照射サイズ:ラージ:20mm×35mm
→家庭用脱毛器として最大サイズ

②6連ショット可能
→6連続脱毛可能

脱毛したい面積が広い足とかに照射する時、照射サイズが大きいので照射する回数が少なくて済むのです。

さらに6連ショットなので、電気をチャージする時間を待つことなく6回照射できるのです。

これ個人的にすごい重要で、
照射回数少ない+6連射=時間が節約できる&痛い回数が少ない(笑)

痛いのはあれですが、時間が節約できるのは非常に大きいです。

これが3連ショットしかできない、照射面積が小さいとなると、それだけ時間がかかる事になるので時間という一番大きなコストを払う事になるんですよ。

スキンケアに毎日ゆっくり時間が取れればいいのですが、TVもみたいし遊びにも行きたいじゃないですか!
なので、できれば時間は短いほうがいいのです。

あ、もちろんエステとかはゆっくり行きますよ♪ なんて言えばいいのかな、脱毛とかそれに集中しないといけないのはできれば短時間で終わらせたいと言う感じです…伝わります?

パックとかTV見ながらできるのはゆっくりでもいいんですが…

あとは普通に1ショット「0.2円」は安い!ので、上の時間の件と組み合わせると「ケノン」のコスパ最高と思ってます!
褒めすぎ?

ケノン公式ショップへ
おまけ付です

になります。フラッシュ式というのはいわゆる脱毛サロンなどで使われることが多いタイプの脱毛器で、黒い色に反応する特殊な光によって毛根にダメージを与え、少しずつ生えてこなくすることができるという仕組み。あくまでダメージをあたえるだけなので、脱毛クリニックなどで使われているレーザー式のように永久脱毛をすることはできませんが、かなり目立たなくなりますし自己処理頻度が格段に減るのでそれだけでもやる価値はありますよ。

そんなフラッシュ式脱毛器のなかでもパイオニア的存在なのがケノン。ケノンは10段階のレベル調整機能や種類豊富なカートリッジによって多くの支持を集めるすごいやつで、国内ユーザー数はなんと50万人を超えるのだとか。
レベルが10段階あれば最初は小さなレベルから試してみて大丈夫そうなら上げていくといった使い方ができますし、カートリッジを付け替えることでいろんな部位に使えます。そしてカートリッジはかなりの回数が使えますから、家族みんなで使うこともでき、使う人によって変えていけばより衛生的などコスパが良いところも高評価されるポイント。USPLという独自の発光システムを用いているため、フラッシュ式脱毛器の中でも更に痛みが少ないという特徴もあります。
カートリッジはラージやそれ以上のサイズのエクストララージ、強い効果が期待できるストロング、出力や照射回数がすごいプレミアムなどがあり、最近では美顔器として使えるスキンケアカートリッジや眉毛脱毛器も登場するなどとにかく豊富。脇や膝下はもちろん、びげやVIOにも対応可能なので、これひとつで全身脱毛ができてしまうわけなのですね。操作音が消せる消音機能搭載などこっそり処理することもできます。

大体二週間に一度使えばいいのでいろいろと面倒なエステ脱毛からケノンに乗り換えるという人も多く、エステ業界で働いていた人が使っているという話もあるなどとにかく口コミが良いのがケノンなのです。

<ケノンと他の家庭用脱毛器の機能比較>
そんな利用者が多く満足度も高い様子のケノンですが、他の脱毛器と機能面での違いはあるのか気になりますよね。決定的に違う部分がないのであれば、もっと安いものを選んだほうがよいかもと思ったりするはず。

まず家庭用脱毛器といってもケノンのようなフラッシュ式だけでなく、レーザー式やサーミコン式があるというお話をしていきたいと思います。簡単にまとめますが、

・フラッシュ式:黒い色に反応する光によって毛根や毛のもととなる細胞(毛母細胞)にダメージを与えるもの
・レーザー式:毛根や毛のものとなる細胞を破壊するもの
・サーミコン式:熱線でムダ毛を焼き切るもの

といった感じ。レーザー式は『トリア・パーソナルレーザー脱毛器 4X(https://www.triabeauty.co.jp/home-laser-hair-removal?a8=0NBZ9NG73DRk4BCCA1COwVhkDk_MRkRuJ1RNWDkk7OE73DB8UDyN.DyDUDAmgmyCpOiVhcB6pNBZLs00000018146001)』、サーミコン式は『ヤーマン ノーノーヘア(https://www.ya-man.com/shop/commodity/0000/rd-00088/)』が有名、というよりほぼこの2つしかありませんね(笑)

トリアは本来医療従事者でなければできないレーザー脱毛を、出力を抑えることで家庭でも行えるようにしたもので、医療機器的なニュアンスの存在です。ダイオードレーザー技術を採用していることからカートリッジの交換が不要で、照射範囲が狭いので脇など部分的な集中ケアに便利です。
ノーノーヘアは毛を焼き切るという時点でかなりケノンと機能が異なります。あくまで焼き切るだけなので毛を生えてこなくすることは難しいですが、その分痛みがほぼありません。脱毛というより除毛という感じですね。
こちらも除毛の部類ですが、毛を抜くことで綺麗にするパナソニックの『ソイエ(https://panasonic.jp/body/products/ES-EL8A.html)』も家庭用脱毛器としてカテゴライズされています。いくつか種類があって、1万円を切る入門的なものもありますよ。

では今度はケノンと同じフラッシュ式の脱毛器との機能比較をしてみましょう。
フラッシュ式の脱毛器は非常に種類がありますから、その中でもよく名前を目にする『ブラウン シルクエキスパート Pro5(https://www.braun.jp/ja-jp/products/female-hair-removal/ipl/silk-expert-pro-5-pl5117)』、『パナソニック 光美容器 光エステ(https://panasonic.jp/body/products/ES-WP81.html)』、『ラヴィ(https://lavie-official.jp/lavie)』の3つとケノンの違いを見てみます。パナソニックの光エステは『ハイパワー(ES-WP81)』で比較。

まずは光脱毛方式の種類ですが、こちらはすべてIPL方式を採用しています。IPLと明確に示されているのはシルクエキスパートとラヴィのみですが、ケノンも光エステもキセノンランプを使用しているとのことですから、IPL方式であると思っておいて良いでしょう。
ちなみに光脱毛にはIPLとSSCという方式があります。アリシアクリニックの説明がわかりやすかったので(https://www.aletheia-clinic.com/column/hairloss-knowledge/article0515_01/)、これをみれば私の判断理由もきっとわかるはず(笑)

それぞれ照射レベルを選ぶことができ、ケノンとシルクエキスパートPro5は10段階、光エステは5段階、ラヴィは7段階。ちなみにシルクエキスパートのみ自動で調節してくれます。
電源はケノン含めてすべて交流式、つまりコンセントに挿して使うタイプなので、どれも安定したパワーが期待できそうですね。

お次は照射回数。
ケノンはカートリッジによっても異なりますが、基本ともいえるラージカートリッジの場合はレベル1で使って約20万発。シルクエキスパートPro5はレベルの記載はありませんでしたが40万発、光エステはレベル5で約30万発、ラヴィはレベル1で約10万発となっております。
シルクエキスパートと光エステは照射回数が多いなと思うかもしれませんが、それはランプの交換ができないため。ケノンやラヴィはカートリッジを交換すれば本体の交換はほぼ不要ですから、その点を考えると照射回数の違いもなんとなく理解できるのではないかと思いますよ。
あと連続照射機能はすべてについていて、美顔機能はケノン以外にはラヴィだけといった感じですね。光エステはアタッチメントを変えることで顔に使うことができます。

あとこれは機能とは言えないですし比較にもなっていないのですが、実際に使ってみるとケノンはかなり軽くて楽です。部位によっては変な姿勢でやらなければならないこともありますから、軽いというのは地味に嬉しいポイントだったりします。

<ケノンと他の家庭用脱毛器の価格比較>
ケノンと他の脱毛器の違いはなんとなくわかったけれど、価格はどうなのかというのは気になるポイント。効果はもちろん大切ですが、コストに見合っているかという点は重要です。
そもそもケノンはおいくらなのかというと、公式通販で69,800円です。確か定価はもうちょっとお高かった気がしますが、セールがどうのといって大体このくらいの価格で売られているので、こちらの価格が定価であると思っておいても良いかもしれません(笑)
では先程比較対象として挙げた脱毛器たちの価格はいくらかというと、

・トリア:54,800円(販売価格は39,800円/税込)(https://www.triabeauty.co.jp/home-laser-hair-removal)
・ノーノーヘア:28,381円(税別)(https://www.ya-man.com/shop/commodity/0000/rd-00088/)
・ソイエ:24,624円(税込)(https://ec-club.panasonic.jp/ITEM/ES-EL8A-P_1__)
・ブラウン シルクエキスパートPro5:80,784円(税込)(https://item.rakuten.co.jp/braun/silk-expert-pl-p/)
・パナソニック 光エステ ES-WP81:80,784円(税込)(https://ec-club.panasonic.jp/ITEM/ES-WP81-S_1__)
・ラヴィ:39,800円(税別)(https://lavie-official.jp/lavie)

といった感じ。公平を期すために公式通販(ブラウンのみ楽天市場の公式ストア)から情報を持ってきました。なので税別と税込みがごちゃまぜになっているのはご愛嬌ということで(笑)
フラッシュ式は値段だけで見るとラヴィのお得感が光りますね。ただラヴィは美顔カートリッジと指など細かなところに適したスリムカートリッジもついてくるオールインワンセットだと48,800円とちょっと値段があがります。それでも安いですが。

ケノンはキャンペーンの関係で今の所カートリッジが3つくらいついてくることが多いですから、そこを踏まえて価格を比較してみると良いかもしれませんね。

<ケノンの良い口コミと悪い口コミ>
さて、ここまでかなりいいことばかりのケノンですが、これだけ良さそうだと良い口コミと悪い口コミのどちらとも知りたくなりますよね。

と、いうことでまずは良い口コミはというと、

・二回くらいでワキがツルツルになった
・剛毛で悩んでいたのにどこかへいってしまった
・少し高かったけれど家族で使えるし最高
・全然痛くなくてびっくり
・ひげが伸びる早さが遅くなった気がする
・電話の対応が丁寧
・エステ並みの脱毛が自宅でいつでもできるなんて本当便利

などなど。良い口コミは比喩表現抜きで溢れかえっていますから、抜粋するのが大変ですね。ちなみにこれらは公式サイトのレビューを要約した感じです。
私も痛いのは怖いなと思ってビクビクしていましたが、びっくりするほど何も感じなかったので驚きました。レベル10は流石にちょっとだけパチっとくるときもあったり暖かくなったりしましたが、痛いという感じはほぼありませんでしたね。

では一方で悪い口コミ。

・火傷することがある
・注意書き、免責事項が多すぎ
・レビューを書かなければカートリッジをもらえないし、その事実が分かりづらい
・いちいち冷やすのが面倒
・電源コードの差し込みがとにかく固くてささっているのかちょっと不安
・二ヶ月近く使ったけれど効果が実感できない
・購入直後に新型が発売された(特典がコロコロ変わる)
・鏡が安っぽすぎる

ケノンはとにかく良い口コミばかりなので、悪い口コミを探すのが大変でした。こちらは基本的に楽天で、ちょっとYahoo知恵袋も入っています。
火傷をすることがあるという口コミについては、前後にすべき冷却を怠ってしまったときに起こることがあるようです。また、人によってやけどしやすい部位があるようですので、やっぱりはじめは低めのレベルから調整していくのが良いのでしょう。
二ヶ月近く使っても効果がでないという意見は、かなり少ないですが2個3個は見たような気がします。ただどのレビューにも詳しい使い方などが書かれていなかったので、もしかしたら使い方が良くないのかもしれませんね。
あとは新型や特典、レビューでカートリッジ。このあたりは商品自体の悪い口コミではないですが、かなり困ったポイントです。レビューから察するに本当に突然新型が発売されたようですから、もうちょっと前に知っていたら新型を買ったのに!という声があるのもうなずけます。そしてケノンにはいろいろな特典がついてきてそれが魅力の一つでもあるのですが、これがまたコロコロ変わるんですよね。今はこれ、と記載しようと思いましたが、本当に3、4日レベルで代わるので、詳しくは公式サイトの特典情報(https://xn--rckyc9e.com/campain-page.html)でチェックしてみてください(笑)購入タイミングによってはお得感が薄くなることもありますから、タイミングを見計らうことも必要かもしれませんね。
そしてレビューを書いた後にカートリッジが送られてくる仕組みなので、まだ使っていないけど~というレビューが多いのもちょっと良くない点かなと思います。

ちなみに私個人が悪い口コミを述べるのであれば、商品がどうのというよりも『公式サイト見づらすぎ!』ですね。良い商品ですし自慢したい気持ちはとても良くわかるのですが、欲しい情報になかなかたどりつけないのはちょっと問題じゃないですかね、なんてサイトを見るたびに思ってしまいます(笑)

<ケノンって結局いいの? 悪いの?>
ケノンについていろいろとお伝えしてきましたが、結局いいのか悪いのかどっちなのって思う方もいらっしゃるかもしれません。
これに関してはずばり『いい』です。あまりにも高評価が多すぎて一部はサクラ的なものなんじゃないかと思うこともありますが、もしそんな口コミが紛れていても私含め本当に効果を実感している人が多いのは紛れもない事実です。実際に使ってみたといって写真を掲載している方などが多いことからも察することができるでしょうし、私もおすすめできるなと思います。

お高い買い物となるので軽率に買ってみてくださいとは言えませんが、もしちょっとでも良いなと思ったのであれば、是非購入して自分の身でその効果を実感してみてくださいね!

人気記事

ほうれい線気にする40歳 1

⇒ほうれい線に効果のあるおすすめ美顔器をすぐに見る 間違った方法や「ほうれい線やたるみ」に効果がない美顔器を使うと「ほうれい線」などを消せないどころか、逆に深くなったりします。(舌回し運動だけで「ほう ...

エステナードソニック口コミ分析 2

私が買う前に分析してみた”エステナードソニックローズの口コミ分析”を紹介します。 個人的にはこの”口コミ分析”が決め手となって最終的に購入を決めたのですが、非常に面倒な作業でした(笑) せっかく結構時 ...

Copyright© ほうれい線・たるみに本当に効果があるおすすめ美顔器 | 最安値 , 2019 All Rights Reserved.